未分類

源泉徴収で所得税を支払っていたり医療費控除が適用になるなら20万以下でも申告をするとお得かも

投稿日:

副業の年間所得が20万円以下ならば翌年に確定申告をする必要はありませんが、不要であってもあえて確定申告をする方がお得なパターンもあります。

住宅ローン控除等の排除を使いたいとか、所得税を源泉徴収で支払いをするケースです。節税対策に役立つためであり、人によっては数十万円も税金の節約につながることもあります。

好きなことを副業にして得た分の所得税が源泉徴収されているのであれば、正式な金額での納税額よりも多めに支払っているかもしれません。
この場合はやはり確定申告をするのがマスト、20万円いかない所得であろうとも申告のひと手間をかければ、還付を受けられることもあります。
還付漏れや申告漏れなどにならないためにも、予防策としても確定申告は、源泉徴収をされているならしたほうがいいと覚えておくと良いです。

また、給与所得となる副業所得である場合も、少し面倒だなと思っても確定申告はしておくと還付を受けられる可能性があります。
パートタイムやアルバイトなどは時間給で、雇用されて働いて収入を得ますが、源泉徴収されての給与の受け取りです。
ですが、年末調整というのは複数で行う事ではなく、毎年行うのは1ヵ所でのみです。そのためアルバイトを副業でするとなると、年末調整をバイト先で受けることはないです。

所得税を副業分と本業分を確認し、合計した金額を出してみます。すると見えてくるのは、本当に支払う分よりも多めに支払っているケースです。
本来より多く支払いすぎているのですから申告を正確な数字で行う事で、所得税の払い過ぎ分の還付を受けることができます。

本業からの給与所得以外の副業での所得で源泉徴収されているのであれば、本人による確定申告は積極的にする方が得です。
物書きでの副業には原稿料がありますが、そうした収入にかかるのは雑所得であり、こうした部分での源泉徴収がされているなら行動しないのはもったいないかもしれません。
収入金額を経費から差し引きすることができますので、確定申告を行うことで所得税の還付を受けられることがあるためです。

人によっては年間でかなりの医療費を支払うこともありますが、年間で医療機関に支払いをした総合計が10万円以上であれば、確定申告をすると医療費控除が適用となります。

ちなみに副業での年間所得が200万円いかないときには所得の5%になりますが、いずれにしても控除を受けられるのはありがたいことです。課税所得金額に減額にもなるのが医療費控除の利用、その分支払わなければいけない所得税額も減ります。

-未分類

Copyright© 本当に稼げた副業|合同会社SELECT(増田隆亮)のワーケーション , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.